Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

薬の服用と中高年の健康維持対策

健康になるには、処方された薬を決められた時間に飲む

健康にいい薬の飲み方を知ることは、とても重要ですね。病院で処方された時に、毎食後に一錠づつ飲むなど言われるので、飲まれる時間と、個数を守って飲まれることが大事です。食後に飲むことが多いのは、胃に負担を少なくするためです。食べた後ですと、胃の中に食べたものなど残っているので、一緒に消化をすることで、体に吸収させることが出来るのです。また、個数もきちんと守らないと、中には強いものもあるので、飲みすぎると体にもよくないので、早く治したいからといって大量を錠剤を飲まないことが大事ですね。種類によっては、飲んだあと、眠くなってくることもあるので、飲まれたあとは、車の運転は控えたほうがいいですね。

早くよくなるためには、自宅で安静にしていることが、早く治すことが出来るのです。食欲がなく、何も口にしたくない時に、処方された錠剤を飲まれると、胃があれることになるので、何も胃に入っていない状態で飲まれる時は、多めの水を飲まれることが大事ですね。錠剤を飲まれる時に、一番いいのは、ぬるま湯のお湯です。ぬるま湯で飲むと錠剤も胃で溶けやすくなるのです。自分の病気の体を早く治すためには、医師のいうことを守ることが大切ですね。医師の先生は、病気に関して勉強している方なので、症状を見れば、どういった病気なのか判断できるのです。処方される時にもらえるのは数日分です。この日数であれば治ることが出来るということから計算をして出されるものなので、必ず処方された日数は、飲まれることが大事ですね。

RECOMMEND

Copyright 2017 薬の服用と中高年の健康維持対策 All Rights Reserved.